メタルマッスルHMBの口コミはどう?

腹筋・背筋や肩の筋肉のトレーニング方法、腰に負担がかからない筋トレのコツなど筋肉の鍛え方を伝授します

メタルマッスルHMBの口コミはどう?

腰に負担のかからない筋トレのコツ

筋肉はきちんと動かして刺激を与えて回復すると言うサイクルを繰り返すことで成長します。その為むやみに激しい筋トレを長時間続ければ効果的と言う事はなく、間違ったやり方でトレーニングを続ければ腰に負担をかけて腰痛などが悪化してしまう心配もあります。

腰痛予防に腹筋を鍛えるのは間違い?

腰痛を抱える人はとても多く、腰痛予防には腹筋を鍛えるのがよいと言うのはよく言われることですが、間違った方法や必要以上に腹筋を鍛える事はかえって腰に負担をかけてしまう事につながる可能性があります。

腰回りの筋肉を鍛える事が腰痛予防には効果的なのですが、腹筋さえしていればよいわけではなく、腹筋と背筋をバランスよく鍛える事が大切です。

緩んでいる腹筋を筋トレによって鍛える事で腰をサポートする効果が期待できるのは確かなのですが、腹筋をすることで腰痛が悪化したと言う意見が少なくないのは、そのやり方に問題があるためだと考えられます。

腹筋の働きや骨盤の仕組み

筋トレの効果を高めるためには、その動きをすることでどの筋肉がどのように使われているかを理解しておくことが大切です。腹筋と言うのは腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の総称です。

腰を丸めたりツイストしたりする動作の際に働くのは腹直筋や腹斜筋で、腹横筋は腰が必要以上に動かないように安定させるための役割を果たす筋肉です。腹横筋がきちんと機能することによって腰を安定させて守りながら、必要に応じて腹直筋、腹斜筋などを働かせることによってバランスを保つ仕組みです。

そのため、腰に負担をかけないように筋トレをするためには、腹横筋と腹斜筋をしっかりと鍛える事が大切になります。この二つの筋肉の働きが十分ではない状態で腹直筋を働かせようとすると、これらの筋肉に取り囲まれている腰椎部分を丸める方向へと負担がかかりやすくなるので注意が必要です。

腰に負担のかからない筋トレのポイント

腰に負担をなるべくかけない筋トレの方法は、まず床にあおむけに寝た状態で膝を曲げて顎を軽く引きます。そして頭をゆっくりと持ち上げてゆき、肩甲骨が床から離れるくらいの位置で止め、頭を上げた状態でキープします。その後ゆっくりと頭を床に降ろすと言うのが基本的な方法です。

この時に腰を丸めすぎないようにすることと、顎を軽く引く事、動きの途中で呼吸を止めないようにすることがポイントになります。腹筋の筋トレと言うと、つい腰を丸めたくなりますが、骨盤の位置を安定させ骨盤を中間位置で保つことでインナーマッスルを効率よく働かせることに繋がります。